これからファームを探す人のためにアドバイスを4つだけぶっちゃけようと思う

ブログ移籍後初の今回はファームについてぶっちゃけようと思います。

オーストラリアでファームを探す方は多いかと思いますが、どうせやるなら楽で稼げる仕事がいいですよね?

仕事に楽なものはないのですが、できるだけ力仕事がないものを探しがちではないでしょうか。女性であれば力仕事は少ないですが、男性だと力仕事に流されがちですよね。

たまに聞くのが、給料が低い労働時間が言われていたのと違う、セカンドビザがもらえないといったブラックファームで働いてしまう案件。

そうならないようにするために今回はささやかなアドバイスを伝えたいと思います。

 

日本語サイトは控えろ

始めに探すときにFBやその他の日本語サイトを見がちじゃないですか?まず、日本人だけに紹介がなぜあるのか考えてみましょう。日本語サイトを見ているってことは英語に自信がない人を狙っているんです。経営者から見たら、英語で反論できない相手には条件を下げたって大丈夫って思いませんか?これがブラックファームに行ってしまう原因の一つです。 英語がある程度はできれば大丈夫だと思います。当たり前ですが、「豪にいれば豪に従え」です。ファームに限らず、働く上で必要最低限の英語力は必要です。英語力に自信がない方は僕の過去の記事を参考にしてみてください。

全ての日本語サイトがいけないというわけではありません。かくいう自分も日本語サイトでも仕事を見つけた人間です。しっかり見極めが必要です。見極めの一つの方法としてはその投稿者がその仕事をやっているかどうかで信頼度が違いますよね。

前回の記事にて使用していたWEBサイトを紹介しています。まずはGumtreeで検索することをおすすめします。

http://dreamjourney825.com/452149378-html

 

アジア系のファームは疑え

これは騙されている割合が高いと思います。もちろんですがすべてではありません。しっかりと情報収集を入念にすることをおすすめします。条件は当たり前ですが、そこで働いたことがある人がいればその人に聞くのが一番です。それはなかなか難しいと思うので、他にどこの国の人が働いているか聞いてみましょう。そこで多国籍だったら結構信頼ができると思います。例えば、オーナーが韓国人で韓国人だけというようなファームは危険です。残念ながら、差別はありますアジア人ということだけでも差別を受けることがあるのが現実です。そのため多国籍を雇っているファームをおすすめします。

 

時給換算のところはマスト

これは結構言われていることですが、出来高払いのところは控えるべきです。かなり頑張らないといい給料にならないことがほとんどです。僕は出来高払いのところは見向きもしませんでした。

 

単価が高いものを狙え

いい給料がもらいたければ、単純にモノが高価なものを探しましょう!例えば、マッシュルームアボカド、もしくはオーガニックの食材などです。ちなみに自分はオーガニックのブルーベリーのパッキングとソーティングの仕事をしていました。単純作業ってところが精神的につらいですが、肉体的な大変さはなく、室内なので天候に左右されるということはありませんでした。

よくいちごやバナナの求人を見ますが、いちご腰が強い人バナナ力仕事でヘビや虫への対応ができる人であればいいと思います。ファームをやるときの体勢をしっかり考えておきましょう!

NikolayFrolochkin / Pixabay

ということで今回はオーストラリアでのファーム選びについてのささやかなアドバイスを書いてみました。あくまでも個人的な意見です。笑 とにもかくにもしっかりと情報を得ることが大切です。実際に働いていた人に聞くとか、バッパーの求人情報から見に行ってみるとか真実をつかむようにしましょう。くれぐれも騙されて、ブラックファームに行かないように気を付けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。