オーストラリアで最大のレース、メルボルンカップ観戦完全ガイド 

メルボルンの1年の中で1番盛り上がると言っても過言ではない、メルボルンカップ!

僕自身がメルボルン滞在を決めた理由の1つがこのメルボルンカップです。 メルボルンカップをご存知ない方もいると思いますので、こちらを参考にしてメルボルンカップを楽しんでいただけたらと思います。

まず、メルボルンカップは何かというと競馬のレースです。歴史ある3200mの長距離戦です。僕自身、中学の時から競馬好きなので、このレースは絶対に行きたいレースの1つでした。競馬好きなのでこのブログ名です。笑 このレースは毎年のように日本馬が参戦することが多く、今年も日本馬が出走予定です。過去にも日本馬が勝ったことがあります。2006年のデルタブルースという馬です。

 

このレースは毎年11月の第一火曜日に行われます。もちろんこの日のためにビクトリア州は休日です。多くのお店がこの日はお休みで、街全体でお祭り気分です。競馬が文化ってうらやしい限りです。

 

場所はフレミントン競馬場で行われます。シティからは少し離れていますが、この日は臨時でシティから競馬場行きの電車があるのでノープロブレムです。

 

まずは大事なチケットを取りましょう!

チケットは日程が近づくに連れて高くなりますので、早めに取ってしまいましょう! 友人が直前に取ろうとしたら$100は超えていました。

ちなみにこちらのサイトから購入できます

https://www.flemington.com.au/tickets-and-packages/tickets

サイトに行くと、General Admission、Reserved Seating、The Precinctとあります。その名の通りこの順で高くなります。General Admissionでも今年の場合は現在(8/16)で$71.4しますので、日本の競馬場の200円とかと比べ物になりません。笑 海外では貴族のスポーツだということを改めて実感させられます。高いですが、一生に一回の経験を買うと思えば安いもんです。競馬で取り返してやればいいんです!笑 

チケットの選択肢が4日間ありますが、火曜日のメルボルンカップと書いてあるものに間違えないように気をつけてください!

 

そしてメルボルンカップだけでなく海外で競馬場に行く上で大切なのがドレスコード!

日本のようにカジュアルな格好で行ってはいけません。門前払いの可能性です。先程言ったように、貴族のスポーツなんです。男性だったらスーツ、女性だったらドレスのようにドレスコードは守りましょう。そのため、チケット代よりもこちらにお金がかかります。ちなみに僕はアウトレットで1式$300程度で揃えました。お店の人にメルボルンカップに行くと言えば、ドレスコードを理解しているので話が早いです。僕が行ったときは着物を着ている日本人の方もいました。

ちなみにこの写真の胸につけているピンバッチは馬の蹄の形をしたもので、チケットを買うときにオプションとしてつけることができます。

 

オーストラリアと日本との競馬場の違い

こちらはパドック(レース前にサラブレッドがお客様に状態を見せる場所)の様子ですが、日本と違うのは馬房がすぐ近くで我々も見ることができます。これはとても新鮮に感じました。馬との距離が近いです。ちなみに下の写真は昨年出走した日本馬のカレンミロティックです。

 

オーストラリアでの馬券の買い方

Sweeps

こちらは初心者の方のための馬券というよりクジのようなものです。馬を選ぶことができないので宝くじと同じような感覚です。ちょっと楽しみたい方はこちらをどうぞ。

以下が馬券の買い方の種類になります。

WIN

日本の「単勝」にあたる1着馬を当てる馬券です。

PLACE

日本の「複勝」にあたる3着以内に入る馬を1頭当てる馬券です。WINよりも当たる確率が高いので、もちろんオッズは低くなります。

EACH-WAY

WINとPLACEの両方合わせた馬券です。当たり前ですが、それぞれにお金を賭ける必要があります。日本の応援馬券のようなものです。1着なら両方の配当が、1着でなくても3着以内ならPLACEの配当が手に入ります。ちなみに以下の写真が2016メルボルンカップ勝ち馬ALMANDINのこの馬券になります。$3ずつ賭けたので、合わせて$6購入してそれぞれで的中した形になります。

 

QUINELLA

こちらは日本の「馬連」にあたる馬券です。1着と2着に入る馬を選びます。着順はどちらが1着でも構いません。選んだ2頭が2着以内にくれば当たりです。

EXACTA

こちらは日本の「馬単」にあたる馬券です。1着2着の馬を着順通りに選びます。QUINELLAよりも当たる確率は減りますが、その分配当は大きくなります。

TRIFECTA

こちらは日本の「3連単」にあたる馬券です。1着から3着までの馬を着順通りに選びます。当たれば高配当です。以下は外れ馬券ですが(泣)、この馬券をBOX買いしたものです。BOXというのは何頭か選んで、その全通りの馬券です。この場合3頭選んでいるので6点ということになります。

 

FIRST FOUR

こちらは1着から4着までの馬を着順通り選びます。言うなれば4連単です。当てるのは非常に難しいと思います。

DOUBLE

その日のメインレースを含む2つのレースの1着馬を選びます。メルボルンカップであれば、メインレースはもちろんメルボルンカップです。日本のWIN5の2頭版といった感じです。

TREBLE

こちらはその日のメインレースを含む3つのレースの1着馬を選びます。

QUADRELLA

こちらはその日のメインレースを含む4つのレースの1着馬を選びます。

そして日本ならオッズの表記が3.0倍というようにわかりやすいですが、海外競馬のオッズ表記は異なりますので合わせて書いておきます。

例えば10/3というような表記であるならば、10÷3ということではありません。

これは$3賭けたら$10儲けが出るということです。なので$13返ってくるということになります。1/1であれば1倍ということではなく、2倍ということになります。

馬券を買ったら、あとはドキドキしながらレースを見ます。入場口でレーシングプログラムを購入し、パドックを見るなどして馬券を買うことをおすすめします。お祭りなので、みなさんお酒も進みます。そのため、お酒を飲みたい方はIDを忘れずに持っていきましょう!

以下の映像はWINXという世界ランク1位にもなった現在オーストラリア最強馬のレースです。現在は世界ランク2位ですが、17連勝中です。この馬を見に行くのもありだと思います。3頭立てのG1レースというかなり珍しいレースでした。笑

 

ということでメルボルンカップを楽しむための競馬好きによる観戦ガイドをご紹介しました。メルボルン最大のお祭りを楽しむための参考にしていただけたらと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。