世界一住みやすい街メルボルンってホントに住みやすいの? 趣味編

今回は前回に引き続き、世界一住みやすい街メルボルンについて検証していきたいと思います。

今回は趣味編です。

趣味になりますので、個人差があります。あくまで20代の男の観点ですので、あらかじめご承知おきください。

 

メルボルンいいところ

  • グランドスラムの一つである全豪OPF1GPが見れる

  • Meet Up趣味の交流がしやすい (メルボルンは人口が多いのでMeet Upがかなり有効です) Meet Upとは→http://dreamjourney825.com/451800843-html
  • スポーツ音楽イベントが開催されやすい (ちなみに僕はサッカー日本代表の試合とSimple Planのライブに行きました。先日はサッカーのアルゼンチンvsブラジルが開催されました。)

  • ビクトリアを中心に人気のFootyのファイナルのために連休になる 
  • 競馬のメルボルンカップのためにも連休になる (スポーツのために休日を与えるなんて羨ましい限り!)

  • 一応、温泉スキー場がある (シティからはかなり離れていますが…)
  • ジムの料金が安い (24時間営業で1週間$13のところもあったり、シティであればマンション内にもあり)
  • 車を使えば観光地が意外とある

 

メルボルンよくないところ

  • 日本のようなアミューズメント施設が少ない 
  • テレビがつまらない (当たり前ですが、日本のようなバラエティ番組はありません)
  • レストラン高い (物価が高いので当たり前ですが。おかげさまで料理のレパートリーが増えました。笑)
  • 日本人になじみのないFootyクリケットが莫大な人気をほこる (サッカー、野球をよく見る人間にとってはつまらない限りでした。笑)

 

ということで今回は世界一住みやすい街メルボルンについて趣味という観点から検証してみました。意外といいところが多いなあと思いました。笑 もちろん女性や違う趣味の観点からだとまた違うと思います。多少なりともメルボルンの生活に興味のある方は参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。