英会話を向上するための秘訣は?

今回はLearn Englishの記事How to use linking words when you’re speakingについて紹介したいと思います。英会話の向上に役立てていただけたらと思います。


日本語訳

接続後を使うのは一貫性を示すための方法の一つだと英語教師のGwendolen Warnickは言います。一貫性は英語のスピーキングテストで査定されるスキルの一つなので、彼に助言を求めました。

Gwenは学習者に文法と構文の練習を勧めています。

「英語はとても簡単な構文です。いつも、主語+動詞だけです。」

「もし主語+動詞を作れば、独立した節が一つできます。そこにand,nor,butなどの接続語をつければ、もう一つずつ主語と動詞をつけ加えるのです。それで2つの節を作ります。それが重文という異なったタイプの文になるのです。」

Gwenは’FANBOYS’を覚えることを勧めています。それはfor, and, nor, but, or, yet, soの頭文字です。

他の接続語は以下です。

  • because
  • since
  • although
  • even though
  • unless
  • provided that
  • as long as

「これらの接続語を使うとき、何かを節につけるでしょう。それは名詞句かもう一つの主語+動詞です。」とGwenは言います。(ここでphaseではなくphraseの間違いだと思います。

一つ以上の主語+動詞を付け加えるのであれば、接続語を真ん中に入れることを覚えておき、接続語を学ぶ一番良い方法は文脈から言葉を学ぶことだとGwenは言います。

「本は接続語を学び始めるのにとてもいいです。リーディングはいつでも構文例のすばらしい源です。接続語を見つけて、自分で練習しましょう。」

文法書や文法練習の資料をオンラインで見つけることができるとGwenは言います。

オーストラリアでは大きな図書館のほとんどで無料のオンラインの資料を使うことができます。異なった文法問題に挑戦でき、回答をチェックしてくれます。

 

いかがでしたでしょうか。英語はとてもシンプルだということだと思います。確かに接続語を使うと長文になって英語ができる風に見えますよね。笑 自分はeven though, unless, as long asは使いがちでしたね。オーストラリアにいる方は図書館は大いに使うべきだと思います。例えばメルボルンのState Libraryではカードを作れば、IELTSのオンラインの教材を無料で使うことができます。(State Library Victoria)また他の図書館でもそうだと思いますが、オンラインブックで借りることができるのでわざわざ図書館にいく手間も省くことができるので図書館を存分に使うことをお勧めします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。