オーストラリアに来る前に知っておきたかった10のこと



今回はElisabeth Beemerさんのオーストラリアに来る前に知っておきたかった10のことという動画の紹介です。これからオーストラリアに行くことを考えている方は是非参考にしていただけたらと思います。ちなみに彼女はシドニーに9カ月滞在していると最初に言っていますので、お話はシドニーがメインになります。

 

1.太陽が違う

ご存知の方も多いと思いますが、紫外線がとても強いということです。日焼け止めや帽子でしっかりと日焼け対策をしましょう。水ぶくれになる人もいるようです。現地の子供は写真に出てくるようなかわいらしい帽子をかぶっているようです。日焼け止めとアロエは必須だと最後に言っていますね。

2. 寒くなる

冬の時期にシドニーに来た時に、とても寒かったということです。以前ご紹介した記事(世界一住みやすい街メルボルンってホントに住みやすいの? 生活編  )でも言いましたが、シドニーやメルボルンは冬は普通に寒いです。断熱がなく、ヒーターは高いため、電気ブランケットやお湯を使ったヒーター?を買った方がいいと勧めています。

3.秋を感じない

アメリカやイングランドのように落ち葉があまりなく秋を感じることが少ないと言っています。(ちなみに山に行くとしっかり紅葉が見られ、秋を感じることができますよ。)雨がよく振って、1日中振ることもしばしばで、夏、冬、梅雨の3つの季節のような感じだと紹介しています。確かにこの時期は雨がよく降る印象はありますね。寒い中で雨なので余計に寒かった印象があります。

4.短縮する

オーストラリア人は言葉を短縮することが好きだと言っています。彼女自身の名前もいろいろと短縮して呼ばれたりするようです。以前紹介したスラングの記事(みなさん知ってますか?オージースラング8選! Aussie Slang)でも出てきた言葉も紹介しています。あなたも長い名前だったら短縮されるかもしれませんね。



5.虫

彼女は9カ月住んでいて、まだ大きな蜘蛛を見ていないようですが友人は大きな毒蜘蛛見たようです。またゴキブリがそこら中にいるので、殺虫剤を持つことを勧めています。ちなみに僕は大きな蜘蛛もゴキブリも見たことがありませんでした。笑イギリスでは巨大ナメクジはしょっちゅう見ましたが…

6.早口

オーストラリアの人は一息でとても早く話すということを紹介しています。例として”We’ll be all right.”や”How are you going?”を挙げています。英語がネイティブの人がそのように感じるというは相当なんでしょうね。笑

7.イギリス+アメリカ

最初に来た時にそのように感じたそうです。街並みがイギリスとアメリカをうまく組み合わせた感じだと言っています。シドニーではそのように感じたのだと思いますが、メルボルンはよりイギリス色が強いかと思います。

8.ファッションチョイス

ここ(シドニー)ではとてもスタイリッシュでおしゃれだと言っていますね。ヨーロッパのようなスタイルだということを紹介しています。確かに自分もシドニーに行った時にはおしゃれな人が多いなと感じました。それに比べるとメルボルンは蛍光色の作業着を着た人を見ることは多々あって、おしゃれだと感じることはあまりなかったです。

9.方言

方言という形で書きましたが、彼女が言っているのはイギリスで使っていてもアメリカで使われていない言葉やその逆の言葉をオーストラリアでは使っているということです。zebraの言い方の違いや、chipsとfrench fries違いなどの例を挙げていますね。確かにこれに関してはたくさんありますね。イギリスの中でも地域によってことなるので日本の方言と同じですね。

10.物価が高い

とにかくどこから来ようが物価が高いと紹介しています。アメリカでは$7のハンバーガーがここでは$14だと言っています。特にシドニーは高い場所だと言っていますね。住むのに高い都市であるということで節約したい人にはおすすめできない都市です。確かにシドニーは旅行で行くぐらいがちょうどいいと思います。

 

ということで紹介しましたがいかがでしたでしょうか。結構知っていることが多かった気もしますが、知らなかった方は是非参考にしてみてください。

関連記事

世界一住みやすい街メルボルンってホントに住みやすいの? 生活編

みなさん知ってますか?オージースラング8選! Aussie Slang

オーストラリアですべきことTOP10!!!



日本一わかりやすい英語での履歴書(CV,レジュメ)の書き方

今回は英語が全くわからない方でもわかるような英語での履歴書(CV,レジュメ)の書き方を実際に自分が使っていたものを少し加工して紹介したいと思います。これから海外で仕事を探すという方は是非参考にしてみてください。以下のPHDに解説を書き込んでいます。



英語での履歴書(CV,レジュメ)の書き方 CV 例

ちなみに岸大介が気になる方はYoutubeで検索してみてください。笑

もし英語での解説をご希望であればこちらをご参考にどうぞ。

 

いかがでしたでしょうか。もしわからない点がありましたら、お気軽にご質問いただければと思います。



 

関連記事

 これからファームを探す人のためにアドバイスを4つだけぶっちゃけようと思う

【まとめ】オーストラリア/メルボルンでのワーホリ中に使っていたWEBサイト8選!

英会話を向上するための秘訣は?

今回はLearn Englishの記事How to use linking words when you’re speakingについて紹介したいと思います。英会話の向上に役立てていただけたらと思います。


日本語訳

接続後を使うのは一貫性を示すための方法の一つだと英語教師のGwendolen Warnickは言います。一貫性は英語のスピーキングテストで査定されるスキルの一つなので、彼に助言を求めました。

Gwenは学習者に文法と構文の練習を勧めています。

「英語はとても簡単な構文です。いつも、主語+動詞だけです。」

「もし主語+動詞を作れば、独立した節が一つできます。そこにand,nor,butなどの接続語をつければ、もう一つずつ主語と動詞をつけ加えるのです。それで2つの節を作ります。それが重文という異なったタイプの文になるのです。」

Gwenは’FANBOYS’を覚えることを勧めています。それはfor, and, nor, but, or, yet, soの頭文字です。

他の接続語は以下です。

  • because
  • since
  • although
  • even though
  • unless
  • provided that
  • as long as

「これらの接続語を使うとき、何かを節につけるでしょう。それは名詞句かもう一つの主語+動詞です。」とGwenは言います。(ここでphaseではなくphraseの間違いだと思います。

一つ以上の主語+動詞を付け加えるのであれば、接続語を真ん中に入れることを覚えておき、接続語を学ぶ一番良い方法は文脈から言葉を学ぶことだとGwenは言います。

「本は接続語を学び始めるのにとてもいいです。リーディングはいつでも構文例のすばらしい源です。接続語を見つけて、自分で練習しましょう。」

文法書や文法練習の資料をオンラインで見つけることができるとGwenは言います。

オーストラリアでは大きな図書館のほとんどで無料のオンラインの資料を使うことができます。異なった文法問題に挑戦でき、回答をチェックしてくれます。

 

いかがでしたでしょうか。英語はとてもシンプルだということだと思います。確かに接続語を使うと長文になって英語ができる風に見えますよね。笑 自分はeven though, unless, as long asは使いがちでしたね。オーストラリアにいる方は図書館は大いに使うべきだと思います。例えばメルボルンのState Libraryではカードを作れば、IELTSのオンラインの教材を無料で使うことができます。(State Library Victoria)また他の図書館でもそうだと思いますが、オンラインブックで借りることができるのでわざわざ図書館にいく手間も省くことができるので図書館を存分に使うことをお勧めします。



Codswallop!!の意味わかりますか? どれだけ知ってる?ブリティッシュスラング

前回の記事のオージースラングの動画(みなさん知ってますか?オージースラング8選! Aussie Slang)に引き続き、今回はLucyによるブリティッシュスラングについての動画の紹介です。みなさんはいくつご存知ですか?



最初はEmmaがメルボルン出身ということ、そして現在イングランドにいて典型的な雨の日であるということを始めに紹介しています。

1.Gordon Bennett

その言葉を聞いてすぐに思いつくのはPride and Prejudice(イギリス映画)のElizabeth Bennett(役名)だけでわからないとEmmaが言っています。それに対して推測してとLucyが言うと、golly(驚くとき等に使う間投詞)みたいな感じ?と答えます。するとLucyがblimeyやcrikey(どちらも驚くときに使う間投詞)のように驚きやショックを表すときに使う言葉だと紹介し、Emmaは正解です。

 

2.codswallop

最初にこれはLucyもよく使うと言っていますね。それに対してEmmaは「信じられない」みたいな意味?と推測すると、Lucyがどんな時につかう例か教えてと言います。すると、もしLucyが「全てのイギリス人は愉快でおもしろい」といったら私はcodswallopという、と例をEmmaが挙げます。ちなみにこのときにIf you told~仮定法を使っているので文法的なことも押さえておきましょう。最後にLucyがnonsenseやrubbish(どちらもばかげたという意味)と正解を言います。

 

3.dishy

Emmaが最初にヒントを教えてほしいというとLucyが無理のない範囲でと言います。するとEmmaが形容詞?と聞くとLucyがそうだと答えています。次にEmmaがうさんくさい変なの?と聞くとLucyはそうではないと言います。Lucyが誰かがfishyであるという例を挙げると、Emmaがgood looking(見た目がいい)と答えて正解です。He is a bit of a dish.(彼はちょっとかっこいい?)というようなことわざを聞いたことがあると言っていますが、定かではないと最後に付け加えていますね。

 

4.to blow off

これにはいくつか意味があるとLucyが最初に言っています。するとEmmaが「例えば、Lucyが誰かをblow offするとそれは会う予定を立てる」という意味になると推測しています。Lucyはそれは正解だと伝え、もう一つのスラングの意味は何かとEmmaに聞いています。目的語は必要ないとヒントを与えるとEmmaはget angry(怒る)と答えますが、それはblow upだと言っています。わからないということなので、LucyがDid you just blow off?という例を言うと、Emmaはpass wind(おならをする)の意味に気付いたようです。pass windはブリティッシュな表現で、fartの方が一般的に使われています。Lucyは小さい頃に母親からfartではなくblow offを使うように(名詞でも動詞でもOKだから)と言われていたようです。これに対してEmmaはfluffもあるというとLucyがpop offもあると返してますね。笑

 

5.nosh

これは名詞だと最初にヒントを与えています。Emmaが考えているとLucyがposh noshとも言えると言っています。すると食べ物か飲み物とEmmaが推測し、食べ物だとLucyが答えます。それは上品な言い方とも付け加えていますね。もしposh noshと言ったら、高級品の食べ物のことだとも言っています。とても口語的な表現のようです。Emmaが一般的な表現なのかと聞くと、周りが理解していればねとのことです。doshは知っているかとEmmaが聞くと、moneyだとLucyが答えています。イギリス系のスラングですね。

 

ということでみなさんはいくつご存知でしたか?イギリスや異なる英語圏の人に伝わるか聞いてみるのも面白そうですね。特におならに関しては他にもいろいろとありそうです。笑 前回の記事にオーストラリアのスラングについて紹介していますので、よかったらそちらもご覧ください。

関連記事 みなさん知ってますか?オージースラング8選! Aussie Slang



みなさん知ってますか?オージースラング8選! Aussie Slang

今日はオーストラリアのメルボルン出身のEmmaのYoutubeチャンネルmmmEnglishの動画の紹介です。今回はイギリス人のLucyにオーストラリアのスラング(俗語)について8個紹介しています。みなさんはいくつご存知でしょうか?逆のパターンの動画もあるので、次回はそちらを紹介したいと思います。それでは見てみましょう。



1.arvo

Lucyがavocado?と推測しましたが、それはavoだとEmmaが言っています。Emmaが”I’ll see you this arvo.”と一例を挙げるとLucyがすぐに気づいて、Afternoonと答えました。Lucyはそんな風に言う人を見たことがないと言っていますね。

 

2.servo

Emmaはこれと同じような言い方でbottle-oもあると最初にヒントを与えていますね。オーストラリアではすべてにOをつけるよと言っています。Lucyはbottle-oはbottle of wineのこと?答えますが、答えはbottle shop(酒屋)のことだとEmmaが言ってますね。ビックリするLucyに対してEmmaがすかさず「あなたたちイギリス人はbottle shopのことをoff licenceというだよね?」と反撃してますね。笑 そしてservoの答えですが、service stationつまりpetrol stationだと言っています。ガソリンスタンドのことをイギリスやオーストラリアではpetrol stationといい、アメリカのgas stationとは異なるので注意してください。

 

3.mate

こちらは簡単だと言っていますね。Lucyもすぐにfriendだと答えていて、私たちも使うと言っています。オーストラリア人を真似するときは”G’day mate!”と言うと付け加えていますね。それに対してEmmaがオーストラリア人を真似するなら、”maaaaaaate!”もあるよと言っていますね。ちなみに僕は”How’s it going, mate?”をよく真似してます。笑

 

4.barbie

これはすぐにLucyがbarbecueだと答えていますね。以前に紹介した記事(オーストラリアでやっちゃいけない9のこと)でも出てきました。オーストラリアの方は~ieというようによく伸ばす形が好きですね。

 

5.going bush

Lucyが田舎へいくこと?と言って、正解しています。それに対してEmmaがイギリス人は”We’re going to countyside.“と言って私たちは”We’re going to bush.“と言うと違いを示してますね。

 

6.thongs

これは一般的に知られているからおそらくLucyは知っているだろうと前置きした上で紹介したthongs。即座に”Flip-flops.(ゴムのサンダル)“とLucyは答えていますね。thongsは大胆な下着メーカーで有名なようです。ここで言っているskimpyの意味が肌を露出したとか大胆なという意味になります。そのため、thongsをサンダルというのなら、下着メーカーのthongsのことは何というのかLucyが聞くと、Emmaは”G-strings.”と答えています。男の僕は全く知りませんでした。笑

 

7.durry

最初にLucyさんがdelicious curryと推測し、たしかにそれのようにも聞こえるねとEmmaが言いましたが、Lucyはわからないと。するとEmmaがdartともいうとヒントを与えています。するとrush?(突進:dartにも同義あり)とLucyが答えますが、違うとのことで正解はcigarette(タバコ)だということです。それに対してLucyは私たちイギリス人は“fag”“ciggy”というと言っていますね。ciggyの方がオージーっぽく聞こえますね。Emmaが自分で巻いて作るタバコは巻くことからrollieとも言うと言っていますね。Lucyがオージースラングは最後にoかeを付けるの?と聞くとEmmaがもしくはa、いや全ての母音だよというとLucyが最後に口を開けたままにすればいいのねと締めくくっていますね。ちなみに海外では自分で作るタバコの方が安いため、人気です。オーストラリアではタバコ1箱$30くらいと日本では考えられないくらい高いですが、結構喫煙者が多いなと感じます。

 

8.sanga

Lucyは最初は見当もつかない様子なので、Emmaが”I’m going to grab a sanga.(私はsangaを手に取るつもり。)”という例を出すと。Lucyがsandwichと答えて正解に。

最後にあまり出来が良くなかったねとLucyがいうとEmmaが予想していたよりもよかったよと言っていますね。

 

いかがだったでしょうか?みなさんはいくつご存知でしたか?こちらに紹介したもの以外にもマクドナルドのことをMacca’sとかa cup of teaのことをcuppaなどいろいろとあります。オーストラリアにいる方は是非明日から、使ってみてはいかがでしょうか?もしかしたら、地域によっては通じないなんていう言葉もあるかもしれません。そしたら、こちらのコメント欄に記入してもらえると嬉しいです(^^) 

関連記事 【まとめ】英語学習におすすめのYoutubeチャンネル7選

 



オーストラリアですべきことTOP10!!!

今回ご紹介するのはMostAmazingTop10のオーストラリアですべきことTOP10という動画です。前回はオーストラリアでやっちゃいけない9のことでしたが、今回は逆になります。オーストラリアにいる方、これからオーストラリアに行くことを考えている方は是非ご参考にしてもらえたらと思います。ちなみにこの方はシドニー在住のためシドニー近辺に偏りがちです。笑



 

10位 シドニー、ボンディの2階建てバスツアー 

シドニーとボンディビーチを回る乗り降り自由のバスツアーです。ハーバーブリッジやオペラハウス、ボンディビーチといった場所を含め34のバス停があり、 自由に降りて、好きな時にまた乗ることができます。
 
9位 シドニーブリッジツアー
 
こちらはシドニーのハーバーブリッジに登ることができるツアーです。オーストラリアの象徴的な建物であり、440フィートの高さから素晴らしい眺めを見ることができます。朝、昼、夕方、夜とツアーに参加することができ、コンダクターが歴史等の案内をしてくれます。チケットにはグループ写真、証明書、帽子、パイロン展望台のフリーエントリーが含まれています。
Walkerssk / Pixabay
 
8位  オペラハウス
 
これは間違いなくマストだと言っています。オーストラリアの象徴的な建物であり、素晴らしい構造の背景にある歴史を見ることができます。シアターやコンサート、ドラマなどが毎年行われており、ガイドさんが約60年の歴史とともに紹介してくれます。世界的に有名なタイルや樺の木のいすもあり、世界の中でも大きなアーチ状の天井に驚くでしょう。
Free-Photos / Pixabay

 

7位 ボンダイビーチでサーフィン

あなたがアウトドアな方であれば、サーフィンのレッスンを受けることをおすすめします。基本的なボードの乗り方等をインストラクターが教えてくれます。初めての方も久々にする人にとってもボンダイビーチは一年中最高の場所だということです。みんなはボンダイビーチというのか、ボンディビーチというのかどちらか教えてほしいと最後に締めています。

Gbates94 / Pixabay

 

6位 シドニーのタロンガ動物園

ここでは一般のチケットであれば、放し飼いの動物を見ることができ、裏舞台の独占権をガイドさんが与えてくれます。これはレギュラー料金ではできない素晴らしい経験です。グループツアーは2時間の個人的な素晴らしい体験を得ることができ、カンガルーへの餌付けやコアラとの写真が含まれています。

Free-Photos / Pixabay

 

 


 

5位 ゴールドコーストの展望台デッキ

ここでは鳥になったような視点から、素晴らしいゴールドコーストを一望できます。世界でも有数の速さのエレベーターで77階に行くことができ、そこでは海とビーチのパノラマを見ることができます。またカフェやバーでお茶やカクテルも楽しめます。

BM10777 / Pixabay

 

4位 景観のよいキュランダ鉄道

ケアンズにあるキュランダ鉄道です。緑で生い茂った美しい景観の中で通り、熱帯雨林の日帰り旅になります。コアラや鳥と触れ合うこともできます。ローカルマーケットでおいしい食事をすることもでき、帰りはスカイレールで帰ることができます。実は私もここに行ったのですが、ちょうどスカイレールの調整期間だったため鉄道で往復しました。ちなみに鉄道は往復どちらも1日2本ずつしか走っていません。プロフィールのコアラもここで撮ったものです。

 

3位 景色の素晴らしいグレートバリアリーフのヘリコプターツアー

世界の中でも素晴らしい自然をヘリコプターでいろいろなアングルから見ることができます。25分間のフライトの間にガイドもあり、人生の中で1度きりの素晴らしい経験になることでしょう。

127071 / Pixabay

 

2位 カンガルー島

こちらはオーストラリアで3番目に大きい島であり、オーストラリアの南の方に位置します。この方は残念ながら反対側(シドニー)に住んでいるようです。ここではアシカやコアラ、ワラビーなども見ることができ、険しい岩や地下の洞窟などもあるようです。ビーチではシュノーケルや釣りを楽しめます。

MartinStr / Pixabay

 

1位 グレートバリアリーフでダイビング

これをしなければ、オーストラリアの旅を終えることができないと言っています。事実、僕はこれを最後にして帰国したのでその通りだと思います。笑 綺麗な水の中で南国の海の生活を垣間見ることができると言っています。いろいろな種類の生物がいて、3000もの岩礁からなり、世界で最も美しいビーチを持つ島の一つです。

xxun0125 / Pixabay

 

いかがでしたでしょうか。この方はシドニーに住んでいるため、カンガルー島のみ行けていないようです。シドニーとケアンズ周辺に偏りがある気もしますが、どれもオーストラリアに来たら行っておきたいところだと思います。オーストラリアを旅する際にはぜひ参考にしてみてください♪

関連記事 オーストラリアでやっちゃいけない9のこと




オーストラリアでやっちゃいけない9のこと

今回はオーストラリアでしてはいけない9のことをDestination Tipsの動画で紹介しているので、その解説をこちらでしたいと思います。オージーのアクセントの方もいるので、慣れていない方は聞き取りづらいかもしれません。



1.”PUT ANOTHER SHRIMP ON THE BARBIE.”は禁句

“PUT ANOTHER SHRIMP ON THE BARBIE.”の直訳は「BBQでエビをもう一つ!」ですが、意味とかそういうことを言っていません。(ちなみにBARBIEはオージースラングです。)これは80年代のアメリカに向けたオーストラリアの宣伝キャンペーンで使われていたフレーズのようです。しかし、オージーの方はSHRIMPを使わず、PRAWNを使うためこのフレーズは禁句とのことです。

 

2.オーストラリアの大きさをなめるな!

オーストラリアはすごく大きく、イギリス60個分の大きさであると言っています。たとえ砂漠の中でもよく使われる道を使っても思っている以上の長さであると伝えています。

 

3.ビーチにある標識を甘く見るな!

オーストラリアでは毎年のようにビーチで危険な目に遭う人がいて、その多くが死に至るような標識に注意していないようです。

 

4.エチケットを知らずにサーフィンをするな!

エチケット例をいくつか述べています。1つ目はブレイクの頂上に一番近くにいる人が波に乗る権利があるということ。2つ目は他の人のルートに割り込んではいけないということ。パドリングは他のサーファーたちが並んでいないところでするようにとのことです。

 

5.ウルル(エアーズロック)に登るな!

頂上からの眺めは素晴らしいが、348mを登るのは困難だと言っています。さらに亡くなった35名のほとんどは心臓発作が原因のようです。ましてや、この神聖で崇高な一枚岩に登るのは侮辱的で敬意の欠ける行為だと伝えています。これは僕も以前に紹介させていただきました。ウルルへの旅を考えている方はこちらも合わせてご覧ください。→ 格安でウルル/エアーズロックに行く方法!

 

6.ディンゴを飼うな!

ディンゴというのはオーストラリアの野犬です。見た目はかわいいが野犬であるので、ピクニックなどで見つけても持ち帰らないようにと言っています。危ない攻撃をしてくるディンゴもいるので注意しましょう。

 

7.未経験のドライバーでフレーザー島へ行くな!

これはバックパッカーによくあることのようですが、フレーザー島に車で行くときは四駆の運転経験がしっかりあるか確認すべきだと言っています。主要の道路は文字通りビーチ上のであるため、タイヤの空気を抜いて潮の流れに注意しましょう。mahenoの沈没船周辺まで運転して救助隊が動くようなバカなことはしないようにとも言っています。

 

8.ROOTは禁止用語!

rootはオーストラリアではFワードのようで、禁止ワードだそうです。そのためオージーの人に”Which football team are you rooting for?” (どのフットボールのチームを応援しているの。)と言ってはいけないということです。

 

9.DROP BEARを信じるな!

Drop Bear の話は信じてはいけないということです。これは伝説上の生き物でコアラのようなDrop Bearが木から降りて人を襲ったという逸話を紹介しています。日本の天狗のような話で、オージーが外国人を怖がらせるためによく使う嘘なので信じないようにしましょう。防止策はオーストラリアの名産品であるベジマイトを耳の裏に塗ることというジョークで最後は締めています。

 




関連記事 日本からオーストラリアに戻ってきてからの逆カルチャーショック