オーストラリアに来る前に知っておきたかった10のこと



今回はElisabeth Beemerさんのオーストラリアに来る前に知っておきたかった10のことという動画の紹介です。これからオーストラリアに行くことを考えている方は是非参考にしていただけたらと思います。ちなみに彼女はシドニーに9カ月滞在していると最初に言っていますので、お話はシドニーがメインになります。

 

1.太陽が違う

ご存知の方も多いと思いますが、紫外線がとても強いということです。日焼け止めや帽子でしっかりと日焼け対策をしましょう。水ぶくれになる人もいるようです。現地の子供は写真に出てくるようなかわいらしい帽子をかぶっているようです。日焼け止めとアロエは必須だと最後に言っていますね。

2. 寒くなる

冬の時期にシドニーに来た時に、とても寒かったということです。以前ご紹介した記事(世界一住みやすい街メルボルンってホントに住みやすいの? 生活編  )でも言いましたが、シドニーやメルボルンは冬は普通に寒いです。断熱がなく、ヒーターは高いため、電気ブランケットやお湯を使ったヒーター?を買った方がいいと勧めています。

3.秋を感じない

アメリカやイングランドのように落ち葉があまりなく秋を感じることが少ないと言っています。(ちなみに山に行くとしっかり紅葉が見られ、秋を感じることができますよ。)雨がよく振って、1日中振ることもしばしばで、夏、冬、梅雨の3つの季節のような感じだと紹介しています。確かにこの時期は雨がよく降る印象はありますね。寒い中で雨なので余計に寒かった印象があります。

4.短縮する

オーストラリア人は言葉を短縮することが好きだと言っています。彼女自身の名前もいろいろと短縮して呼ばれたりするようです。以前紹介したスラングの記事(みなさん知ってますか?オージースラング8選! Aussie Slang)でも出てきた言葉も紹介しています。あなたも長い名前だったら短縮されるかもしれませんね。



5.虫

彼女は9カ月住んでいて、まだ大きな蜘蛛を見ていないようですが友人は大きな毒蜘蛛見たようです。またゴキブリがそこら中にいるので、殺虫剤を持つことを勧めています。ちなみに僕は大きな蜘蛛もゴキブリも見たことがありませんでした。笑イギリスでは巨大ナメクジはしょっちゅう見ましたが…

6.早口

オーストラリアの人は一息でとても早く話すということを紹介しています。例として”We’ll be all right.”や”How are you going?”を挙げています。英語がネイティブの人がそのように感じるというは相当なんでしょうね。笑

7.イギリス+アメリカ

最初に来た時にそのように感じたそうです。街並みがイギリスとアメリカをうまく組み合わせた感じだと言っています。シドニーではそのように感じたのだと思いますが、メルボルンはよりイギリス色が強いかと思います。

8.ファッションチョイス

ここ(シドニー)ではとてもスタイリッシュでおしゃれだと言っていますね。ヨーロッパのようなスタイルだということを紹介しています。確かに自分もシドニーに行った時にはおしゃれな人が多いなと感じました。それに比べるとメルボルンは蛍光色の作業着を着た人を見ることは多々あって、おしゃれだと感じることはあまりなかったです。

9.方言

方言という形で書きましたが、彼女が言っているのはイギリスで使っていてもアメリカで使われていない言葉やその逆の言葉をオーストラリアでは使っているということです。zebraの言い方の違いや、chipsとfrench fries違いなどの例を挙げていますね。確かにこれに関してはたくさんありますね。イギリスの中でも地域によってことなるので日本の方言と同じですね。

10.物価が高い

とにかくどこから来ようが物価が高いと紹介しています。アメリカでは$7のハンバーガーがここでは$14だと言っています。特にシドニーは高い場所だと言っていますね。住むのに高い都市であるということで節約したい人にはおすすめできない都市です。確かにシドニーは旅行で行くぐらいがちょうどいいと思います。

 

ということで紹介しましたがいかがでしたでしょうか。結構知っていることが多かった気もしますが、知らなかった方は是非参考にしてみてください。

関連記事

世界一住みやすい街メルボルンってホントに住みやすいの? 生活編

みなさん知ってますか?オージースラング8選! Aussie Slang

オーストラリアですべきことTOP10!!!



オーストラリアですべきことTOP10!!!

今回ご紹介するのはMostAmazingTop10のオーストラリアですべきことTOP10という動画です。前回はオーストラリアでやっちゃいけない9のことでしたが、今回は逆になります。オーストラリアにいる方、これからオーストラリアに行くことを考えている方は是非ご参考にしてもらえたらと思います。ちなみにこの方はシドニー在住のためシドニー近辺に偏りがちです。笑



 

10位 シドニー、ボンディの2階建てバスツアー 

シドニーとボンディビーチを回る乗り降り自由のバスツアーです。ハーバーブリッジやオペラハウス、ボンディビーチといった場所を含め34のバス停があり、 自由に降りて、好きな時にまた乗ることができます。
 
9位 シドニーブリッジツアー
 
こちらはシドニーのハーバーブリッジに登ることができるツアーです。オーストラリアの象徴的な建物であり、440フィートの高さから素晴らしい眺めを見ることができます。朝、昼、夕方、夜とツアーに参加することができ、コンダクターが歴史等の案内をしてくれます。チケットにはグループ写真、証明書、帽子、パイロン展望台のフリーエントリーが含まれています。
Walkerssk / Pixabay
 
8位  オペラハウス
 
これは間違いなくマストだと言っています。オーストラリアの象徴的な建物であり、素晴らしい構造の背景にある歴史を見ることができます。シアターやコンサート、ドラマなどが毎年行われており、ガイドさんが約60年の歴史とともに紹介してくれます。世界的に有名なタイルや樺の木のいすもあり、世界の中でも大きなアーチ状の天井に驚くでしょう。
Free-Photos / Pixabay

 

7位 ボンダイビーチでサーフィン

あなたがアウトドアな方であれば、サーフィンのレッスンを受けることをおすすめします。基本的なボードの乗り方等をインストラクターが教えてくれます。初めての方も久々にする人にとってもボンダイビーチは一年中最高の場所だということです。みんなはボンダイビーチというのか、ボンディビーチというのかどちらか教えてほしいと最後に締めています。

Gbates94 / Pixabay

 

6位 シドニーのタロンガ動物園

ここでは一般のチケットであれば、放し飼いの動物を見ることができ、裏舞台の独占権をガイドさんが与えてくれます。これはレギュラー料金ではできない素晴らしい経験です。グループツアーは2時間の個人的な素晴らしい体験を得ることができ、カンガルーへの餌付けやコアラとの写真が含まれています。

Free-Photos / Pixabay

 

 


 

5位 ゴールドコーストの展望台デッキ

ここでは鳥になったような視点から、素晴らしいゴールドコーストを一望できます。世界でも有数の速さのエレベーターで77階に行くことができ、そこでは海とビーチのパノラマを見ることができます。またカフェやバーでお茶やカクテルも楽しめます。

BM10777 / Pixabay

 

4位 景観のよいキュランダ鉄道

ケアンズにあるキュランダ鉄道です。緑で生い茂った美しい景観の中で通り、熱帯雨林の日帰り旅になります。コアラや鳥と触れ合うこともできます。ローカルマーケットでおいしい食事をすることもでき、帰りはスカイレールで帰ることができます。実は私もここに行ったのですが、ちょうどスカイレールの調整期間だったため鉄道で往復しました。ちなみに鉄道は往復どちらも1日2本ずつしか走っていません。プロフィールのコアラもここで撮ったものです。

 

3位 景色の素晴らしいグレートバリアリーフのヘリコプターツアー

世界の中でも素晴らしい自然をヘリコプターでいろいろなアングルから見ることができます。25分間のフライトの間にガイドもあり、人生の中で1度きりの素晴らしい経験になることでしょう。

127071 / Pixabay

 

2位 カンガルー島

こちらはオーストラリアで3番目に大きい島であり、オーストラリアの南の方に位置します。この方は残念ながら反対側(シドニー)に住んでいるようです。ここではアシカやコアラ、ワラビーなども見ることができ、険しい岩や地下の洞窟などもあるようです。ビーチではシュノーケルや釣りを楽しめます。

MartinStr / Pixabay

 

1位 グレートバリアリーフでダイビング

これをしなければ、オーストラリアの旅を終えることができないと言っています。事実、僕はこれを最後にして帰国したのでその通りだと思います。笑 綺麗な水の中で南国の海の生活を垣間見ることができると言っています。いろいろな種類の生物がいて、3000もの岩礁からなり、世界で最も美しいビーチを持つ島の一つです。

xxun0125 / Pixabay

 

いかがでしたでしょうか。この方はシドニーに住んでいるため、カンガルー島のみ行けていないようです。シドニーとケアンズ周辺に偏りがある気もしますが、どれもオーストラリアに来たら行っておきたいところだと思います。オーストラリアを旅する際にはぜひ参考にしてみてください♪

関連記事 オーストラリアでやっちゃいけない9のこと




オーストラリアで最大のレース、メルボルンカップ観戦完全ガイド 

メルボルンの1年の中で1番盛り上がると言っても過言ではない、メルボルンカップ!

僕自身がメルボルン滞在を決めた理由の1つがこのメルボルンカップです。 メルボルンカップをご存知ない方もいると思いますので、こちらを参考にしてメルボルンカップを楽しんでいただけたらと思います。

まず、メルボルンカップは何かというと競馬のレースです。歴史ある3200mの長距離戦です。僕自身、中学の時から競馬好きなので、このレースは絶対に行きたいレースの1つでした。競馬好きなのでこのブログ名です。笑 このレースは毎年のように日本馬が参戦することが多く、今年も日本馬が出走予定です。過去にも日本馬が勝ったことがあります。2006年のデルタブルースという馬です。

 

このレースは毎年11月の第一火曜日に行われます。もちろんこの日のためにビクトリア州は休日です。多くのお店がこの日はお休みで、街全体でお祭り気分です。競馬が文化ってうらやしい限りです。

 

場所はフレミントン競馬場で行われます。シティからは少し離れていますが、この日は臨時でシティから競馬場行きの電車があるのでノープロブレムです。

 

まずは大事なチケットを取りましょう!

チケットは日程が近づくに連れて高くなりますので、早めに取ってしまいましょう! 友人が直前に取ろうとしたら$100は超えていました。

ちなみにこちらのサイトから購入できます

https://www.flemington.com.au/tickets-and-packages/tickets

サイトに行くと、General Admission、Reserved Seating、The Precinctとあります。その名の通りこの順で高くなります。General Admissionでも今年の場合は現在(8/16)で$71.4しますので、日本の競馬場の200円とかと比べ物になりません。笑 海外では貴族のスポーツだということを改めて実感させられます。高いですが、一生に一回の経験を買うと思えば安いもんです。競馬で取り返してやればいいんです!笑 

チケットの選択肢が4日間ありますが、火曜日のメルボルンカップと書いてあるものに間違えないように気をつけてください!

 

そしてメルボルンカップだけでなく海外で競馬場に行く上で大切なのがドレスコード!

日本のようにカジュアルな格好で行ってはいけません。門前払いの可能性です。先程言ったように、貴族のスポーツなんです。男性だったらスーツ、女性だったらドレスのようにドレスコードは守りましょう。そのため、チケット代よりもこちらにお金がかかります。ちなみに僕はアウトレットで1式$300程度で揃えました。お店の人にメルボルンカップに行くと言えば、ドレスコードを理解しているので話が早いです。僕が行ったときは着物を着ている日本人の方もいました。

ちなみにこの写真の胸につけているピンバッチは馬の蹄の形をしたもので、チケットを買うときにオプションとしてつけることができます。

 

オーストラリアと日本との競馬場の違い

こちらはパドック(レース前にサラブレッドがお客様に状態を見せる場所)の様子ですが、日本と違うのは馬房がすぐ近くで我々も見ることができます。これはとても新鮮に感じました。馬との距離が近いです。ちなみに下の写真は昨年出走した日本馬のカレンミロティックです。

 

オーストラリアでの馬券の買い方

Sweeps

こちらは初心者の方のための馬券というよりクジのようなものです。馬を選ぶことができないので宝くじと同じような感覚です。ちょっと楽しみたい方はこちらをどうぞ。

以下が馬券の買い方の種類になります。

WIN

日本の「単勝」にあたる1着馬を当てる馬券です。

PLACE

日本の「複勝」にあたる3着以内に入る馬を1頭当てる馬券です。WINよりも当たる確率が高いので、もちろんオッズは低くなります。

EACH-WAY

WINとPLACEの両方合わせた馬券です。当たり前ですが、それぞれにお金を賭ける必要があります。日本の応援馬券のようなものです。1着なら両方の配当が、1着でなくても3着以内ならPLACEの配当が手に入ります。ちなみに以下の写真が2016メルボルンカップ勝ち馬ALMANDINのこの馬券になります。$3ずつ賭けたので、合わせて$6購入してそれぞれで的中した形になります。

 

QUINELLA

こちらは日本の「馬連」にあたる馬券です。1着と2着に入る馬を選びます。着順はどちらが1着でも構いません。選んだ2頭が2着以内にくれば当たりです。

EXACTA

こちらは日本の「馬単」にあたる馬券です。1着2着の馬を着順通りに選びます。QUINELLAよりも当たる確率は減りますが、その分配当は大きくなります。

TRIFECTA

こちらは日本の「3連単」にあたる馬券です。1着から3着までの馬を着順通りに選びます。当たれば高配当です。以下は外れ馬券ですが(泣)、この馬券をBOX買いしたものです。BOXというのは何頭か選んで、その全通りの馬券です。この場合3頭選んでいるので6点ということになります。

 

FIRST FOUR

こちらは1着から4着までの馬を着順通り選びます。言うなれば4連単です。当てるのは非常に難しいと思います。

DOUBLE

その日のメインレースを含む2つのレースの1着馬を選びます。メルボルンカップであれば、メインレースはもちろんメルボルンカップです。日本のWIN5の2頭版といった感じです。

TREBLE

こちらはその日のメインレースを含む3つのレースの1着馬を選びます。

QUADRELLA

こちらはその日のメインレースを含む4つのレースの1着馬を選びます。

そして日本ならオッズの表記が3.0倍というようにわかりやすいですが、海外競馬のオッズ表記は異なりますので合わせて書いておきます。

例えば10/3というような表記であるならば、10÷3ということではありません。

これは$3賭けたら$10儲けが出るということです。なので$13返ってくるということになります。1/1であれば1倍ということではなく、2倍ということになります。

馬券を買ったら、あとはドキドキしながらレースを見ます。入場口でレーシングプログラムを購入し、パドックを見るなどして馬券を買うことをおすすめします。お祭りなので、みなさんお酒も進みます。そのため、お酒を飲みたい方はIDを忘れずに持っていきましょう!

以下の映像はWINXという世界ランク1位にもなった現在オーストラリア最強馬のレースです。現在は世界ランク2位ですが、17連勝中です。この馬を見に行くのもありだと思います。3頭立てのG1レースというかなり珍しいレースでした。笑

 

ということでメルボルンカップを楽しむための競馬好きによる観戦ガイドをご紹介しました。メルボルン最大のお祭りを楽しむための参考にしていただけたらと思います。

 

 

格安航空券をGETしよう!おすすめのウェブサイト10選!

航空券を買うときはできるだけ安く済ませたいですよね。その浮いたお金で旅を充実させたいという方におすすめのウェブサイトを厳選してご紹介したいと思います。

航空券比較サイト
1、 skyscanner(スカイスキャナー)

こちらは世界的に有名な航空券比較サイトのskyscannerです。ご存知の方も多いと思います。スマホアプリも対応していて、とても便利です。

2、skyticket(スカイチケット)

skyticket

こちらは国内旅行の際におすすめの航空券比較サイトです。国内LCCの航空券を比較したいときには是非!

3、トラベルコ

こちらの航空券比較サイトはJTB、H.I.S.、じゃらんnet、楽天トラベル、Expedia、Booking.comなど、国内外350以上の予約サイトと連携しているので、ホテルやツアーとセットで調べたいときにおすすめのウェブサイト。国内旅行、海外旅行のどちらも対応しています。

4、momondo

こちらは完全英語対応の航空券比較サイトになりますが、それでも問題ないという方はおすすめです。skyscannerより安い時もあり!

5、One Travel

こちらも完全英語対応の航空券比較サイトです。キャンペーンによりクーポンがもらえることがあるので、それにより最安の航空券が手に入ることもあります。

直接LCCで買う
LCCであれば直接航空券を予約してしまうのが一番安いです。LCCを使うのであれば直接LCCのウェブサイトへ!

6、Jet Star(ジェットスター)

オーストラリアを中心とするLCC。オーストラリア、アジアへの航空券を買う際にはおすすめです。

7、Vanilla air(バニラエア)

ANAの子会社のVanilla air。ソウル、台北、香港、セブ島に行く際にはおすすめ。国内線の航空券も格安で手に入ることがあります。

8、Air Asia(エアアジア)

その名の通りアジアへの旅行の際におすすめのLCCです。特に東南アジアへの航空券を買う際には要チェックです。

9、peach(ピーチ)

日本では有名なLCC。国内線、国際線とどちらの航空券を買う際にもおすすめですが、関西空港からの発着が多いので関西在住の方には特におすすめです。

10、スカイマーク(SKYMARK)

こちらはLCCではありませんが、LCC並みの格安航空券が手に入るということで紹介します。国内線の航空券をお探しの際は要チェックです。

 

以上格安航空券を手に入れるためのおすすめのウェブサイトをご紹介させていただきました。
航空券で節約して、旅を充実させてください!是非ブックマークしていただいて今後の旅行の際にご利用ください。