Codswallop!!の意味わかりますか? どれだけ知ってる?ブリティッシュスラング

前回の記事のオージースラングの動画(みなさん知ってますか?オージースラング8選! Aussie Slang)に引き続き、今回はLucyによるブリティッシュスラングについての動画の紹介です。みなさんはいくつご存知ですか?



最初はEmmaがメルボルン出身ということ、そして現在イングランドにいて典型的な雨の日であるということを始めに紹介しています。

1.Gordon Bennett

その言葉を聞いてすぐに思いつくのはPride and Prejudice(イギリス映画)のElizabeth Bennett(役名)だけでわからないとEmmaが言っています。それに対して推測してとLucyが言うと、golly(驚くとき等に使う間投詞)みたいな感じ?と答えます。するとLucyがblimeyやcrikey(どちらも驚くときに使う間投詞)のように驚きやショックを表すときに使う言葉だと紹介し、Emmaは正解です。

 

2.codswallop

最初にこれはLucyもよく使うと言っていますね。それに対してEmmaは「信じられない」みたいな意味?と推測すると、Lucyがどんな時につかう例か教えてと言います。すると、もしLucyが「全てのイギリス人は愉快でおもしろい」といったら私はcodswallopという、と例をEmmaが挙げます。ちなみにこのときにIf you told~仮定法を使っているので文法的なことも押さえておきましょう。最後にLucyがnonsenseやrubbish(どちらもばかげたという意味)と正解を言います。

 

3.dishy

Emmaが最初にヒントを教えてほしいというとLucyが無理のない範囲でと言います。するとEmmaが形容詞?と聞くとLucyがそうだと答えています。次にEmmaがうさんくさい変なの?と聞くとLucyはそうではないと言います。Lucyが誰かがfishyであるという例を挙げると、Emmaがgood looking(見た目がいい)と答えて正解です。He is a bit of a dish.(彼はちょっとかっこいい?)というようなことわざを聞いたことがあると言っていますが、定かではないと最後に付け加えていますね。

 

4.to blow off

これにはいくつか意味があるとLucyが最初に言っています。するとEmmaが「例えば、Lucyが誰かをblow offするとそれは会う予定を立てる」という意味になると推測しています。Lucyはそれは正解だと伝え、もう一つのスラングの意味は何かとEmmaに聞いています。目的語は必要ないとヒントを与えるとEmmaはget angry(怒る)と答えますが、それはblow upだと言っています。わからないということなので、LucyがDid you just blow off?という例を言うと、Emmaはpass wind(おならをする)の意味に気付いたようです。pass windはブリティッシュな表現で、fartの方が一般的に使われています。Lucyは小さい頃に母親からfartではなくblow offを使うように(名詞でも動詞でもOKだから)と言われていたようです。これに対してEmmaはfluffもあるというとLucyがpop offもあると返してますね。笑

 

5.nosh

これは名詞だと最初にヒントを与えています。Emmaが考えているとLucyがposh noshとも言えると言っています。すると食べ物か飲み物とEmmaが推測し、食べ物だとLucyが答えます。それは上品な言い方とも付け加えていますね。もしposh noshと言ったら、高級品の食べ物のことだとも言っています。とても口語的な表現のようです。Emmaが一般的な表現なのかと聞くと、周りが理解していればねとのことです。doshは知っているかとEmmaが聞くと、moneyだとLucyが答えています。イギリス系のスラングですね。

 

ということでみなさんはいくつご存知でしたか?イギリスや異なる英語圏の人に伝わるか聞いてみるのも面白そうですね。特におならに関しては他にもいろいろとありそうです。笑 前回の記事にオーストラリアのスラングについて紹介していますので、よかったらそちらもご覧ください。

関連記事 みなさん知ってますか?オージースラング8選! Aussie Slang



みなさん知ってますか?オージースラング8選! Aussie Slang

今日はオーストラリアのメルボルン出身のEmmaのYoutubeチャンネルmmmEnglishの動画の紹介です。今回はイギリス人のLucyにオーストラリアのスラング(俗語)について8個紹介しています。みなさんはいくつご存知でしょうか?逆のパターンの動画もあるので、次回はそちらを紹介したいと思います。それでは見てみましょう。



1.arvo

Lucyがavocado?と推測しましたが、それはavoだとEmmaが言っています。Emmaが”I’ll see you this arvo.”と一例を挙げるとLucyがすぐに気づいて、Afternoonと答えました。Lucyはそんな風に言う人を見たことがないと言っていますね。

 

2.servo

Emmaはこれと同じような言い方でbottle-oもあると最初にヒントを与えていますね。オーストラリアではすべてにOをつけるよと言っています。Lucyはbottle-oはbottle of wineのこと?答えますが、答えはbottle shop(酒屋)のことだとEmmaが言ってますね。ビックリするLucyに対してEmmaがすかさず「あなたたちイギリス人はbottle shopのことをoff licenceというだよね?」と反撃してますね。笑 そしてservoの答えですが、service stationつまりpetrol stationだと言っています。ガソリンスタンドのことをイギリスやオーストラリアではpetrol stationといい、アメリカのgas stationとは異なるので注意してください。

 

3.mate

こちらは簡単だと言っていますね。Lucyもすぐにfriendだと答えていて、私たちも使うと言っています。オーストラリア人を真似するときは”G’day mate!”と言うと付け加えていますね。それに対してEmmaがオーストラリア人を真似するなら、”maaaaaaate!”もあるよと言っていますね。ちなみに僕は”How’s it going, mate?”をよく真似してます。笑

 

4.barbie

これはすぐにLucyがbarbecueだと答えていますね。以前に紹介した記事(オーストラリアでやっちゃいけない9のこと)でも出てきました。オーストラリアの方は~ieというようによく伸ばす形が好きですね。

 

5.going bush

Lucyが田舎へいくこと?と言って、正解しています。それに対してEmmaがイギリス人は”We’re going to countyside.“と言って私たちは”We’re going to bush.“と言うと違いを示してますね。

 

6.thongs

これは一般的に知られているからおそらくLucyは知っているだろうと前置きした上で紹介したthongs。即座に”Flip-flops.(ゴムのサンダル)“とLucyは答えていますね。thongsは大胆な下着メーカーで有名なようです。ここで言っているskimpyの意味が肌を露出したとか大胆なという意味になります。そのため、thongsをサンダルというのなら、下着メーカーのthongsのことは何というのかLucyが聞くと、Emmaは”G-strings.”と答えています。男の僕は全く知りませんでした。笑

 

7.durry

最初にLucyさんがdelicious curryと推測し、たしかにそれのようにも聞こえるねとEmmaが言いましたが、Lucyはわからないと。するとEmmaがdartともいうとヒントを与えています。するとrush?(突進:dartにも同義あり)とLucyが答えますが、違うとのことで正解はcigarette(タバコ)だということです。それに対してLucyは私たちイギリス人は“fag”“ciggy”というと言っていますね。ciggyの方がオージーっぽく聞こえますね。Emmaが自分で巻いて作るタバコは巻くことからrollieとも言うと言っていますね。Lucyがオージースラングは最後にoかeを付けるの?と聞くとEmmaがもしくはa、いや全ての母音だよというとLucyが最後に口を開けたままにすればいいのねと締めくくっていますね。ちなみに海外では自分で作るタバコの方が安いため、人気です。オーストラリアではタバコ1箱$30くらいと日本では考えられないくらい高いですが、結構喫煙者が多いなと感じます。

 

8.sanga

Lucyは最初は見当もつかない様子なので、Emmaが”I’m going to grab a sanga.(私はsangaを手に取るつもり。)”という例を出すと。Lucyがsandwichと答えて正解に。

最後にあまり出来が良くなかったねとLucyがいうとEmmaが予想していたよりもよかったよと言っていますね。

 

いかがだったでしょうか?みなさんはいくつご存知でしたか?こちらに紹介したもの以外にもマクドナルドのことをMacca’sとかa cup of teaのことをcuppaなどいろいろとあります。オーストラリアにいる方は是非明日から、使ってみてはいかがでしょうか?もしかしたら、地域によっては通じないなんていう言葉もあるかもしれません。そしたら、こちらのコメント欄に記入してもらえると嬉しいです(^^) 

関連記事 【まとめ】英語学習におすすめのYoutubeチャンネル7選