日本が恋しくなる10のこと

今回も前回の日本からオーストラリアに戻ってきてからの逆カルチャーショックに引き続き、RachelさんのYoutube動画のご紹介になります。今回は日本からオーストラリアに戻ったRachelさんが日本のここが恋しい!と思っていることを10個紹介しています。現在、日本を離れている方も同じように思うことがいくつかあるのではないでしょうか?




1.温かいトイレの便座

日本のトイレはたくさんの機能があって、その中でも便座が温かくなることがRachelさんはお気に入りだったそう。冬の時期だといつまでも長く座っていられるけどと付け加えています。ちなみにみなさんはウォシュレット機能が恋しいと思うのではないでしょうか?外国人からすると経験したことがないので、使ってもなかなか慣れないようですね。

2.ごはんのおかわり自由

次は日本の定食屋さんでよくあるライスのおかわり自由です。大きな炊飯器があって、そこから$5~$6の定食を頼めばごはんを無制限に食べることができると言っています。部活終わりの学生たちが無料の漬物や醤油と一緒に山盛りにして何杯も食べていることも紹介しています。確かにオーストラリアでやったら、赤字間違いなしでしょうね。笑

3.24時間営業のコンビニ

Rachelさんは心斎橋付近に住んでいたようですが、周りには4つコンビニがあったようです。アイスや卵など何でも手に入れることができてとても便利だったと言っています。現在はパースに戻ってきたが、コンビニはなく買い物は車で行かなければならないそうです。日本の田舎ではそこまでコンビニはないのかもしれないと付け加えています。ちなみにメルボルンではセブンイレブンが24時間営業でありましたが、日本のように何でも揃っているということではないので日本のコンビニが恋しくなるのもわかります。

4.お弁当やお惣菜の多さ

ready-made/ pre-made foodというのをお弁当、お惣菜と紹介しているので、そのように訳しました。いろいろな種類のお弁当とお惣菜があることを紹介しています。Rachelさんは一人暮らしだったため。スーパーやコンビニでこれらを買って食べられることが非常に便利だったようです。たしかにこれは僕も思いました。あとは日本の冷凍食品も同様です。オーストラリアには日本ほどはなく、あっても高いですよね。そのおかげで自分は料理スキルが上がりました。笑

5.100円ショップ

ホントにホントにホントに恋しいわ!!!と第一声にRachelさんは言っています。特にクオリティについて褒めていますね。100円だから、不必要なものでもついつい買っちゃうとも言っていますね。オーストラリアには$2ショップがあるけれど、日本の100円ショップとは違うと言っています。メルボルンにはダイソーがいくつかありました。しかし$2.8?くらいで日本より少し高かったです。それでもRachelさんの言う通りクオリティがいいので買ってしまいますよね。

6.デリバリーシステム

料理の出前について紹介しています。電話をせずにウェブサイトからメニューを見て注文でき、待ち時間もわかり、支払いもカードか現金か選べるとのことです。Rachelさんのいるパースではこのようなシステムはないそうですが、メルボルンではUber Eatsやdeliverooなどのデリバリーシステムがかなり流行っています。

7.お茶を飲むこと

レストランや友達の家に行くと、毎回必ずと言っていいほど水の代わりにお茶を出してくれると紹介してくれています。ウーロン茶や緑茶などいつでもお茶を飲んでいたようで、これが恋しいとのことです。たしかにオーストラリアではお茶はあまり売ってませんね。帰国してお茶を飲んでホッとしたときは日本に帰ってきたなあとしみじみしたものです。笑

8.自販機のあったかい飲み物

冬の寒いときでも自販機のコーンスープやオニオンスープなどのあったかい飲み物を買えば、簡単に体を温められると紹介しています。オーストラリアにも自販機はあるけれども、メンテナンスが悪いと言っています。先日は大学の自販機でお金が返って来なかったそうです。オーストラリアはお菓子の自販機が多いですよね。

9.春の桜

最も美しい花で、桜並木がホントに素晴らしかったと紹介しています。オーストラリアも四季があるけれども、日本の春と言えば桜、冬と言えば雪というようなはっきりとしたものはないと言っています。オーストラリアも秋には綺麗な落葉を見ることができけれども、桜の季節が恋しいそうです。

10.多くの人がマスクを着ける

Rachelさんにとっては変なことだけれども、冬の時期に顔を温めるもしくは風邪が原因とかで着けると紹介しています。Rachelさんも冬にマスクとマフラーを一緒につけたら温かかったそうですが、オーストラリアでそんな人は誰もいないのでやったら変だと言っています。日本人の我々からしたら、春の花粉の時期の方が多い気もしますが、Rachelさんは冬に多いと感じたようですね。外国人の方は花粉症になりにくいのでしょうか?少し気になりますよね。

 

今回はいかがでした?Rachelさんと同じように恋しい、もしくはこれ恋しかったなぁと思うことはあったでしょうか。Youtubeの翻訳機能が少し変だと感じたので、英語学習をしている方はこちらのブログを参考にして内容を理解していただけたらと思います。

関連記事 日本からオーストラリアに戻ってきてからの逆カルチャーショック

 




日本からオーストラリアに戻ってきてからの逆カルチャーショック

今回は日本への留学経験があるRachelさんのYoutubeの動画についてご紹介したいと思います。オージーであるRachelさんが日本からオーストラリアに戻ってきたときの逆カルチャーショックについて10個紹介しています。

このブログでは、簡単な意訳を含めて動画の内容をまとめてますので、英語学習のご参考にしてみてください。英語の字幕をご希望の方は動画の設定から見ることができます。



1.青ペンの使用

オーストラリアでは文書を書くときに黒ペンと青ペンのどちらを使っても構わないけれど、日本では黒ペンしか使えないことを紹介しています。自身が日本にいた時に黒ペンで書くことに慣れてしまったから、こちらで文書を青ペンで書いているのを見たときにオーストラリアに帰ってきたことを実感できたそうです。

2.ゴミの捨て方

日本のゴミの捨て方はとても細かくて、複雑なシステムだということを紹介しています。たしかに日本ではビン、缶、ペットボトルでも分けるのが当たり前ですが、オーストラリアではそれらが一緒に捨てられます。Rachelさんはオーストラリアではゴミの分別について神経質になる必要はないと言っています。たしかに地球環境にはいいと思うけれども…と付け加えていますが。このこと一つをとっても日本は思いやりの国だということを実感しますよね。

3.現金社会とカード社会

日本は現金社会だけど、オーストラリアはカード社会であることを紹介しています。日本では現金しか使えない店があっていつでも現金を持っていないといけないのに対し、オーストラリアはカードしか使えない店があるくらいカード社会であること言っています。オーストラリアの銀行のカードにはPaypass機能というのがついていて、レジでタッチするだけでデビットカードの役割を果たします。私もこの機能は日本にも欲しいと思っていますが、Rachelさんもお金を持って無くす心配もないし、チョー便利!と紹介しています。

4.家の中で靴を履く

こちらはあまりにも有名な話ですがご紹介しています。Rachelさんのご家庭ではアジア系ということもあり、靴を脱いでいたということのようです。しかし、電気屋さんなど修理等で誰かが来るときには靴を履いたまま上がり、それが普通だったけれど、日本では靴を脱いできちんと揃えることに驚いたということを言っています。

5.芝の上を歩く

日本では公園や大きな庭で芝の上をあることは問題ないが、大学などの通路脇にある芝はみな歩かないということを紹介しています。オーストラリアではそんなことは気にせずに芝の上をつっきってしまうそうです。これは日本人の感覚からは気がつかない発想ですね。笑 そのため、芝の上を歩く新たな恐怖心が生まれてしまったと言ってますね。

6.食後にトレーを持っていく

こちらはフードコートで食事をした後に日本ではそのトレイを返却所に持っていく文化を紹介しています。これも思いやりですね。オーストラリアではクリーナーの人が片付けるシステムなので、どちらの国のシステムがいいのかわからないと言っていますが、思いやりのある文化がなせるシステムでしょうね。

7.セルフサービスの水が無料

日本では当たり前のことですが、オーストラリアでは水は買う必要がありとても高いということを紹介しています。いくつかのレストランでは水道水でさえお金を払うところもあるようです。ちなみにメルボルンでは結構水道水は無料でもらえるレストランがあったので、水道水にお金を払うというのには少し驚きです。

8.日付の書き方

日本では年/月/日の順序で書くがオーストラリアでは日/月/年と逆の順序で書くことを紹介しています。Rachelさんはオーストラリアに帰国してから少し混乱したようですが、自分も帰国した時に、間違えてしまったので全世界で統一してほしいですね。笑

9.24時間表記

日本では例えば0:00~23:00という表記に対してオーストラリアではAM/PMを使った表記だということを紹介しています。日本でも午前/午後という表記はありますが、確かに仕事とかでは17:00という表記の方が多いかもしれませんね。たしかにオーストラリアでは7:00PMといった使い方ばかりしていました。

10.インターネットの遅さ

Bloody slowという表現でRachelさんはご紹介していますが、このbloodyはイギリスやオーストラリアで使われるveryと同じような意味です。なので、オーストラリアのインターネットはめっちゃ遅いの!と嘆いています。最近、通信会社にネットが不安定であることをクレームを入れたそうで、これに月$100も払っていることに不満いっぱいのようです。一方で日本はとても早く、通信問題を抱えたことは一度もなかったと言っています。確かに私も日本に帰国した時に、ネット速度の速さに感動しました。笑

 

いかがだったでしょうか?現在オーストラリアにいる方やオーストラリアに行ったことのある方にとってはあるあるなことがたくさんあったと思います。文化を学びながら英語学習の参考にしていただければ幸いです。

関連記事 日本が恋しくなる10のこと