世界一住みやすい街メルボルンってホントに住みやすいの? 生活編

世界一住みやすい町6年連続1位に輝いているメルボルン

そのメルボルンに1年住んだ僕が、ホントかどうかを吟味していきたいと思います!※あくまでも個人的な意見です。

今回は生活編!

メルボルンいいところ

  • 夏は湿度が低くカラッとしている
  • シティが他のオーストラリアの都市に比べて大きい (そのため仕事も他よりは多い)
  • アウトレットのお店が多い
  • 街並みがヨーロッパ風 (落書きもとい、アートがそこら中にあります)
  • カフェが盛ん (スタバに行くなんてダサすぎます)
  • 多国籍の人がいるため、他のオーストラリアの都市に比べて差別が少ない
  • 多国籍の人がいるため、レストラン多国籍 (もちろん日本食も手に入りやすいです)
  • 多国籍の人がいるため、ランゲージエクスチェンジのイベントが多い  ※ランゲージエクスチェンジの詳細はこちら http://dreamjourney825.com/451800843-html
  • 公共交通機関の料金がどれだけ乗っても一律(シティ内だとフリートラムゾーンもあり)
  • 週末のみ深夜でも電車が1時間に1本走っている (終電があるんでという言い訳は通じません。笑)
  • シドニーより物価安め
tpsdave / Pixabay

 

メルボルンよくないところ

  • 夏はカラッとしているが、紫外線が強い(メルボルンに限らず、オーストラリア全体にいえることですが)
  • 夏はハエがたかりがち(マジでうざいです。これもメルボルンに限らずですが…)
  • 夏は寒暖差が激しい(長袖が必要になることよくあります。昼間は暑くても夜は寝やすくて僕は好きでしたが…
  • は普通に寒い (オーストラリアだからとなめてかかったらダメです0℃とかあります。)
  • クソつまらない (メルボルン在住の方も認めています。笑)
  • 普段の治安はそこまで悪くはないが、最近はテロ騒ぎが相次ぎ治安に不安あり (ちなみにst.Kildaあまり治安はよくありません) 
  • オーストラリア全体的にですが、物価は基本的に高い (もちろんその分時給も高いです)
Mzlle / Pixabay

今回はホントにメルボルンが住みやすい街なのか、生活面から検証してみました。メルボルンに行くことを考えている方がいたら少しでも参考にしていただければ幸いです。

次回は趣味編ということで検証していきたいと思います。もし、メルボルンやオーストラリアのこんなことを知りたいというものがあれば教えてください。それでは!